このページは成人向けコンテンツが含まれています。18歳未満の者が閲覧することを禁じます。 アクセスランキング
   ネットで知り合った人妻熟女を快楽の世界に誘う全調教記録
   平凡な主婦が、ネットで知り合った男に調教され始め、淫乱性奴隷として目覚め始める、実録体験記。。。

素人無修正動画 
[PR] 既婚の女性との完全無料のご対面・・・軽いノリでクリックして下さい。絶対に後悔させません!

ホーム > 第42章 放置期間の命令−2

    真っ赤なTバックを穿いて、乳首にリングを着けて出勤した奴隷主婦OL玉美。

    必要以上に、食い込ませたパンティの感覚に酔いしれている事だろう。

    お昼休み、玉美から携帯にメールが入る。

    「ショッピングセンターに行って来ます、今日の罰の為に」

    玉美の中で、ショッピングセンターは快楽と直結した場所になっているだろう。

    パブロフの犬の様に、ショッピングセンターと聞くだけで、鼓動が速まり、おまんこが濡れて来るに違いない。

    その日の夜も玉美から報告が届いた。

    > 玉美です。

    > 今日も恥ずかしい罰を実行しました。

    > 会社で、同僚がご両親の介護の話しをしていた時に、不謹慎にも思い付いた罰です。

    > お昼休み、またショッピングセンターに行って来ました。

    > そこで、買ったのは、大人用オムツです。

    > オムツと言っても、パンツタイプのモノで、想像していたのより、薄手のタイプです。

    > 直ぐに、ショッピングセンターのトイレでオムツに穿き換えました。

    添付されていた画像には、オムツ姿の玉美が写っている。

    白い紙パンツ、ブルマーを穿いている印象。

    > 今日は、午後からトイレに行かない罰です。

    > おしっこ、仕事したまま、席に着いたままで、出しました。

    > とても怖かったです。

    > 隣の席の同僚とは、一メートル程しか離れていません。

    > そこで、玉美は、おしっこを漏らしたんです。

    > 数回分のおしっこを吸収できる、とオムツのパッケージには書いてありますが、とても不安でした。

    > もし、スカートに漏れてしまったら。。。

    > 最低です、変態です、職場でお漏らしなんて。

    > でも、どうしても、我慢できなくなってしまって。

    > おしっこ、してしまいました。

    > 自分のデスクで仕事をしながら。

    主婦が、勤務中におしっこを漏らす。

    我慢出来ずに、イスに座ったまま、ジョボジョボと。

    勿論、すぐ近くには、同僚達が仕事をしている。

    そんな中、奴隷主婦は、おしっこを漏らしたのだ。

    > 直ぐに、トイレに行って確かめようと思ったのですが、もし、ご主人様が居たら、そのままで過ごす様にと、おっしゃられると思い、そのまま仕事を続けました。

    > お尻、濡れていないだろうか、臭い、大丈夫だろうか、と不安でした。

    > 同僚に、「調子悪いのか?」と話しかけられた時は、逃げ出したい程に恥ずかしかったです。

    > 奴隷として、トイレに行けないのも当然だと自分に言い聞かせ、退社するまでトイレには行きませんでした。

    > 帰りに、スーパーに寄ったのですが、その時もトイレに行きたくなったのですが、お買い物をしている途中で、漏らしてしまいました。

    > 怖くて、恥ずかしくて、無我夢中で帰宅したのです。

    > 家に入り、急いでオムツを脱いでみると、もったりとした感じで、玉美のおしっこが吸収されています。

    > こんな歳で、お漏らししてしまうなんて。

    > 人前で気付かれずにおしっこするなんて。

    > でも、いままで感じた事のない、不思議な感じもしています。

    > 正直、怖いです、この感覚。

    玉美は、また恥ずかしい味を覚えてしまったのだろう。

    罰と言う名の一人プレイに酔いしれる奴隷主婦。

    > お風呂に入る時、首輪をこっそりと脱衣所に持って行き、付けました。

    > 身に着けて、鏡に写る自分を見た時、とても幸せな気持ちになってしまいました。

    > 玉美は、ご主人様のもの、ご主人様の奴隷です。

    > そう思うだけで、包み込まれる幸せを感じるんです。

    最後に添付されていた最後の画像。

    鏡に映った自身を写した奴隷の姿。

    赤い首輪とニップルリングが、白い素肌にくっきりと映えている。

    家族がくつろぐ同じ家の中で撮影されたいやらしい写真。

    誰も知らない、主婦の姿。

    > また、明日も、ご主人様に怒られないように、自分に罰を与えます。

    人妻の淫な欲求は益々、膨れ上がっている様子だ。

    [PR] 暇してるミセス達が集う無料掲示板コミュニティー

    大人用オムツを穿き、仕事中にお漏らしをしてしまった主婦奴隷・玉美。

    その恥ずかしい行為は、いつしか、いけない喜びと姿を変えた様で、玉美は帰宅途中に寄ったスーパーでの買い物中にも漏らしてしまった。

    次の日の朝も、パンティ報告メールが届いた。

    いつもの主婦パンティではなく、ネットで買ったボンテージ風のプレイスーツだった。

    真っ赤な彩りで、全身を紐状の素材が飾る亀甲デザインのもの。

    玉美のたわわな乳房は大きく露出し、おまんこの真ん中を、お尻から伸びてきた紐が走る。

    「昨日のお漏らしの罰です」

    玉美のメールには、もっともらしい台詞が書かれていた。

    主婦OLのスーツの下に、こんな秘密が隠されているとは、誰も思うまい。

    今日もまた、人妻のいやらしい妄想生活が始まる。

    「今日は、午後から外出する予定があります、ダメな自分に罰を与えます」

    お昼少し前に玉美からメールが入る。

    自分にどんな罰を与えるか、それを考えるだけで、玉美の心は淫らな欲求に征服されるだろう。

    12時半を回った頃、もう一度、玉美からメールが入る。

    「ご主人様、玉美は、ご主人様だけの、専用奴隷です」

    添付されていた画像は、会社のトイレで写したものだった。

    全裸姿の人妻。

    赤いプレイスーツに、同色の首輪。

    まさに、牝犬肉奴隷のいでたち。

    普通の主婦の非日常の一面。

    こんな恥ずかしい格好をする事。

    そのまま、下着を着けずに、出勤している事。

    会社のトイレで、全裸になり、旦那さん以外の男に写メを送る事。

    これら全てが、玉美の羞恥心を燃え上がらせる。

    「午後は、これから、取引先を訪問します」

    そう書かれた次のメールに添付されていた画像には、今まさに、おまんこにリモコンローターを入れようとしている玉美の下腹部のアップが映し出されていた。

    玉美は、おまんこにローターを入れたまま、営業に出掛けると言うのだ。

    携帯電話の電波に反応して、勝手にバイブレーションするローター。

    いつ襲われるか分からない恐怖。

    ただでさえ、常識外れの変態な格好をしているのに。。。玉美の心の中が痺れているのが分かる。

    スーツの下はブラウス一枚。

    固くなったノーブラの乳首が、ポチッとその存在を現しているのは確実だ。

    それどころか、牝犬としての真っ赤なボンテージも透けて見えるハズ。

    ノーブラである事だけでも、バレない様に振舞わなければならないドキドキ感。

    しかも、おまんこの中には、いつ暴れ出すか分からないローター。

    エムな主婦奴隷には、申し分の無いシチュエーション。

    3時少し前に、玉美から携帯にメールが入る。

    白いブラウス一枚の、人妻の画像。

    「先方のトイレで撮りました」

    牝奴隷は、仕事で訪れた取引先の女子トイレで露出をしていた。

    ブラウスの下には、赤いボンテージの紐と、突起した乳首がうっすらと確認できる。

    想像していた通りだ。

    ブラウスの下方には、黒く茂る恥毛と、食い込む様に伸びている紐が見える。

    そして、もう一枚。

    トイレの洗面台の鏡に写した淫乱露出奴隷の姿。

    ブラウスも脱ぎ捨て、真っ赤な首輪を着けた、玉美のあられもない姿。

    主婦奴隷の心の雄叫びが聞こえて来そうな画像だ。

    その夜、玉美からPCへの報告が届いた。

    > 今日は、仕事の訪問先で罰を与えました。

    > 実は、今、とても焦っています。

    > 手の震えが止まりません。

    > 打ち合わせ先の先方で、見られていたんです。

    焦った様子の報告メール。

    どうやら、先方で、人妻奴隷は、恥ずかしい何かがばれた様だった。

    [PR] 会える!!サイトランキング堂々の1位を獲得!!

    取引先へ打ち合わせに行った際、先方のトイレで全裸露出をした人妻OL玉美。

    その夜の報告で、何やら玉美はとても焦ってる様子を伝えて来た。

    破廉恥な行為が見られていたと言う。

    玉美の報告が続く。

    > 先方を出て、電車に乗って少しした頃、何か視線を感じると思ったら、首輪をしたままだと言う事に気付いたんです。

    > 慌てて、次の駅で降りて、駅のトイレで外したんです。

    > 死ぬほど、恥ずかしくて、体中の神経が研ぎ澄まされた様に、勝手にビクビクと反応してしまいました。

    > 訪問先からの帰りに、トイレで付けたので、先方の担当の方には見られていないのですが、トイレからの帰り際に何人かの方とすれ違ったし、入館証を返す時、受付の方にも見られていたハズなんです。

    > 言葉にできません。

    タイトなスーツ姿に、真っ赤な首輪。

    玉美は、そのいでたちで、颯爽と歩いていたのだ。

    先方のトイレで全裸露出をして、自撮をした興奮で、その時にした真っ赤な首輪を外し忘れたのだ。

    > 今日も、自分の不甲斐なさに、反省しています。

    > アソコに忍ばせたローター、打ち合わせ中は大人しかったのですが、やっぱり、駅とかで。。。

    > 必死になって、普通を装って歩きました。

    > これも、ダメな自分への罰ですから。

    > 何度もトイレに駆け込み、おまんこのヨダレを拭き取りました。

    > 不意にクリトリスに触るトイレットペーパーにも、ゾクゾクと体に電気が走ります。

    > でも、我慢です。

    > ご主人様に許して頂けるまで、オナニーは禁止ですから。

    > ご主人様に、キツク犯して頂けるまで、我慢です。

    > 明日は、会社、お休みです。

    > ご主人様に認めて頂ける様な、罰を受けます。

    辱しめをこよなく愛する奴隷主婦・玉美。

    今日のハプニングも、玉美の淫心を大きな炎で包み込んだ事だろう。

    玉美のおまんこも、溢れ出すオマンコ汁で一時も乾くヒマがない状態になってるハズ。

    翌朝、いつも通りに玉美から今日のパンティの報告が届く。

    「お早うございます、今日はお休みですので、奴隷の格好で罰を受けます」

    添付された画像には、昨日恥ずかしい思いをした首輪を着け、全裸にエプロンだけをした玉美が写っていた。

    所謂、裸エプロンと言うヤツだ。

    この格好で、今日一日、自分に罰を与える予定なのだ。

    熟女の柔らかな素肌に纏われたエプロン。

    いつも玉美が使っているものなのだろう。

    薄い黄色のチェック柄で、胸元にヒヨコのイラストが付いている。

    主婦の日常的なアイテムの下に、非日常な裸体。

    左手の薬指の指輪よりも存在感を示している、真っ赤な首輪。

    一匹の牝奴隷として、玉美が望むスタイル。

    深夜、玉美から報告のメールがPCへ送られて来る。

    > ご主人様、今日の罰のご報告です。

    > はご主人様の奴隷として、一日中、首輪を着けていました。

    > 今日は、家のトイレは使わない罰、です。

    > トイレに行きたくなったら、オムツを穿いてする事にしたのです。

    > ダイニングテーブルに上って、旦那の席の方を向いてしゃがみ、見せ付ける様な格好で。。。

    > 誰も居ないのですが、大勢の人に、玉美がおしっこしているところを見られている様で、凄く恥ずかしかったのですが、沢山してしまいました。

    > おしっこが出た後も、全身がジンジンとして、動けませんでした。

    > でも、まだまだ罰が必要だとご主人様に怒られると思い、次にしたくなった時、思い切って外でする事にしたのです。

    裸エプロンに首輪姿の人妻は、日中、そのままの格好で家の外へと出るのだ。

    しかも、大人用のオムツを穿いて。

    おしっこを漏らす為に、外へ。

    > トイレに行きたくなったので、玄関ドアの覗き窓を見ながら、人気が無くなるのを見計らっていたのですが、なかなかタイミングがなくて。

    > そうしている内に、どんどん我慢できなくなってしまい。。。

    > このまま、玄関で漏らしてしまいそうな位に、でも、それでは罰にならないし、ご主人様に申し訳無いと思い。。。

    人妻の一人責めの報告は続いた。


    [ ホームへ戻る ] [ 最新の調教レポートを見る ] [ このページのトップへ戻る ]

貴方も探してみませんか?


    PureBDSM 奴隷遊び
    Sの方:自分だけの奴隷で遊びたい願望はありませんか?Mの方:Sの異性から弄ばれたい願望はありませんか?
    初心からマニアまで完全対応
    最新SMコミュニティ登場! 
    【完全無料!】

こだわりの出会い


出会いの一歩


人妻をオトス必見ノウハウ


人妻熟女の性態



    ポルノワールドオリジナル!撮り下ろし作品!INITIAL-P

    他人に見られ興奮する熟女たち

あえるんです


人妻熟女と直接コミュ