このページは成人向けコンテンツが含まれています。18歳未満の者が閲覧することを禁じます。 アクセスランキング
   ネットで知り合った人妻熟女を快楽の世界に誘う全調教記録
   平凡な主婦が、ネットで知り合った男に調教され始め、淫乱性奴隷として目覚め始める、実録体験記。。。

[PR] 既婚の女性との完全無料のご対面・・・軽いノリでクリックして下さい。絶対に後悔させません!

ホーム > 第14章 父兄会での命令

    人知れず、羞恥の喜びと非日常の悪戯に快感を感じる人妻。

    自ら抱える性癖を、良妻賢母という表の顔の下に隠し、疼く心と体を開放したい衝動に駆られる。

    「今日は夕方から子供の学校で父兄会があります」

    虐められたいシチュエーションがある日は、決まって自ら誘いの連絡を入れてくる。

    「だから何なんですか」

    冷たく言い放つところから、人妻のマゾ心を擽り始める。

    「そ、そうですね。。。、スミマセン、つい。。。」

    「もしかして、虐めて欲しいのですか?」

    ワザと他人行儀に丁寧に応対する。

    「あ、いえ。。。は、はい。。。」

    「どっちなのですか?ハッキリと言えないんですか?」

    「スミマセン。。。虐めて。。。欲しいです。。。虐めて下さい。。。」

    「お子さんの大事な学校行事でしょう」

    「はい。。。そう。。。です。。。」

    「それでも、虐めて欲しいと?」

    「。。。は。。。い。。。」

    「学校というロケーションで、おまんこ濡らしたいと?」

    「あぁ。。。すみません。。。そ。。。う。。。なのかも。。。」

    「ハシタナイ母親ですね」

    「イヤッ。。。はしたない。。。そう、で。。。す。。。」

    「そうですか、それなら、キチンとお願いをしなさい」

    「はい。。。今日。。。子供の学校で。。。いっぱい。。。恥ずかしい思いを。。。させて下さい。。。お願いします。。。」

    「どうしようもない、破廉恥な母親だな、玉美」

    「あぁぁ。。。だって。。。我慢できないの。。。疼くのぉ。。。」

    子供の通う学校という禁断の聖域で、人妻は悪戯される事を切望する。

    もはや、母親としての仮面の下で、一人の女としての淫な思いが大きくなっているのが分かる。

    「父兄会ってどんな内容の集まりなんだ?」

    「はい。。。毎年、地域のお祭りに先生や父兄会も参加するので。。。その打ち合わせみたいなものです」

    「そうか、それじゃぁ、少しはざっくばらんな集まりなんだな?」

    「そうです。。。割と和気藹々とした。。。」

    「その中で、感じたいと言うんだな、玉美は」

    「は。。。い。。。いつもと違った場所。。。だから。。。」

    「今までも、密かに興奮して参加してたんじゃないのか?」

    「それは。。。そんなぁ。。。少しは。。。でも、そんな感じではなく。。。」

    見透かされた質問に、ハッキリとしないウヤムヤな答えを返すしかない人妻。

    「ヨソの旦那さんに、いやらしい眼で見られたり、夜の校舎でいやらしい事をされたいと思っていたんだろう、玉美」

    「。。。そ、想像の中だけで。。。」

    「それをネタに一人でマンズリしてたんだろう」

    「ぁぁ。。。いやらしい。。。そう。。。そうです。。。」

    「やっぱり、そうなんだな、玉美、ハッキリ言えよ」

    「。。。は。。。い。。。玉美は。。。学校でいやらしい虐めをされる事を想像して。。。オナニーしていましたぁ。。。」

    「今日も、そうやって一人で想像すればいいじゃないか」

    「いやぁん。。。ご、ご主人様に。。。虐めて欲しいのぉ。。。」

    既に人妻の蒸気した表情が窺える様な、艶のある声が帰ってくる。

    「覚悟はできているんだな、玉美」

    「。。。はい。。。」

    「本当だな、もう逃げられないぞ、玉美」

    強い緊張感を与える様に、人妻へ再度問いかける。

    「あぁぁ。。。は。。。い。。。」

    「よし、今夜、学校で犯してやるからな」

    「っあっっ。。。はい。。。がっ。。。学校。。。でぇ。。。犯して下さいぃ。。。逝かせて。。。下さい。。。」

    「もう、濡らしているんだろう、玉美」

    「は。。。い。。。すみません。。。ご主人様。。。」

    「ハンカチで、おまんこを綺麗に拭きなさい」

    「は。。。い。。。」

    小さく喘ぐ人妻の声が伝わってくる。

    「そのハンカチ、今夜、学校に持って行くからな」

    「あぁぁ。。。恥ずかしい。。。ぁぁぁ」

    人妻は、学校で行われる悪戯と、皆に曝す醜態を想像し、自らの興奮を更に大きくする。

    夢にまで見た、学校での悪戯プレイに体を震わせながら。。。

    [PR] 【完全無料】妻みぐい

    子供の学校の父兄会で、いやらしい命令を受ける事を切望する人妻。

    ヨソの父兄から、蔑みを受け、辱めを受ける事を想像して指淫していた去年。。。

    今年は、私からの悪戯を実際に学校で受けるハメになる。

    学校での淫事を想像しただけで、人妻の秘所はヌレそぼる。。。

    「学校に行くまでの間、そのハンカチでおまんこを拭いて、しっかりといやらしい臭いを付けなさい」

    「。。。は。。。い。。。」

    人妻は、いやらしい自らの性器の臭いを、ハンカチに擦り付ける。

    「そのおまんこ臭いの付いたハンカチ、とスキンを学校へ持って行きなさい」

    「ス、スキン。。。ですか。。。」

    「ああそうだ、準備するんだ」

    「。。。は。。。い。。。」

    人妻の深いため息が微かに聞こえる。

    乱れた心に落ち着きを取り戻す為なのか、はたまた、恥ずかしい命令に従う自分自身に対する蔑みなのか。

    「スキンは、箱から出してバッグに直接入れなさい」

    「ぁぁぁ。。。そんな。。。もし。。。誰かに見られたら。。。」

    「赤いロープとスキンが入ったバッグを持って歩くのは、変態女しか居ないからな」

    「いゃぁ。。。は、恥ずかしいですぅ。。。」

    「他の父兄に見つかったら、教室で縛り上げられるかもな」

    「ぁぁぁぁっ。。。そんなぁ。。。そんなぁ。。。」

    人妻の息遣いが早くも荒くなる。

    「皆の曝し者になって、順番に犯されるだろうな」

    「最後は、全員の精子を口や顔にかけられて、精子便所だな、玉美」

    「うぅぅ。。。ぁぁぁ。。。」

    人妻の緊張した鼓動が聞こえてくる程に、その声は小さく震えている。

    「他の奥さんからも、思いっきり軽蔑されて、厳しい調教を受けるかもな」

    「あぁぁんんん。。。もう、もう。。。我慢できません。。。ぁぁぁ」

    「また許しもなく濡らしてるんじゃないだろうな、玉美」

    「はぁぁんん。。。すみません。。。もう。。。おまんこが。。。」

    「ハンカチで拭きなさい、本番はこれからだから我慢するんだ」

    「はぁ。。。いぃぃ。。。」

    「学校に着いたら、真っ先にトイレに向かい連絡をよこす事」

    「はい。。。わかりました。。。」

    人妻の上ずった返事が返る。

    「今日は折角の父兄会だから、玉美もお洒落れが必要だろうから、乳首に鈴を付けて行きなさい」

    「っ。。。は。。。い。。。」

    「玉美のいやらしい乳首から、淫靡な鈴音を、御世話になっている先生に聞かせなさい」

    「ぁぁぁぁ。。。あっ。。。は、恥ずかしいですぅ。。。」

    「それと、奴隷の分際で下着を付けるのは先生に対して失礼だから、ノーパンで行きなさい」

    「お、おまんこ汁が。。。スカートに染みを。。。あぁぁぁぁ」

    人妻の淫乱な想像は更に膨らんで行く。

    「スカートのチャックは開けたままだ、皆さんにサービスしなくてはいけないからな」

    「ダメダメ。。。そ、それは。。。で。。。できません。。。」

    「開けて行きなさい、玉美」

    「あぁぁぁぁ。。。は、恥ずかしい。。。恥ずかしい格好ぅ。。。」

    「きっと、どこかの奥さんがこっそりと教えてくれるさ、"奥さん、お尻丸見えですよ" ってね」

    「いやぁぁぁぁ。。。そんなぁぁぁ。。。」

    「そうやって、見られたいんだろ?ヨソの奥さんに、軽蔑されたいんだろ、玉美は」

    「ぁぁんんん。。。そう。。。です。。。虐めて。。。欲しいんですぅ。。。感じるんですぅ。。。」

    「そうだ、クリトリスにも真っ白にお化粧をして上げるから、歯磨き粉も持って行きなさい」

    「あっあっはぅっっっ。。。はぁぁ。。。い。。。ぁぁぁ」

    既にエムの心が逝きっぱなしの状態になっている人妻。

    これから人妻は、学校での淫靡な空間で止め処ない快楽の責めを受ける事になる。

    [PR] 体の関係相手を探すなら【自由恋愛】

    父兄会に出かける準備の段階で、感じまくる淫乱人妻。

    他の父兄や先生に蔑まれ、調教を受けると言う妄想までして、乾いたMの心を躍らせている。

    家庭では、慌しく夕食の準備を済ませ、学校行事に出かける出来た母・妻として振舞っている事だろう。

    そのギャップが、私の人妻に対する気持ちを、よりサディスティックなものに駆り立てるが、一番楽しんでいるのは、きっと人妻自身だろう。

    勿論、それは、私の望む事でもある。

    7時少し前頃、人妻からメールが入る。

    「今、学校のトイレです」

    「クリトリスに歯磨き粉の化粧をしなさい」

    「もう、大きくなって、熱いです。。。」

    人妻のクリトリスが直ぐに反応しているのが分かる。

    「スキンに指を入れて、そのまま、おまんこに挿入しなさい」

    程なく人妻から挿入した旨の返事が来る。

    「これで、いつ挿入されても大丈夫だな、玉美は淫乱ヤリマン主婦だ、話合いの間中、心の中で "私のおまんこに直ぐ入れて下さい、準備はできています" と叫び続けるんだ、そして、無理やり犯される想像をし続けろ、お前は変態女だからな、それを忘れるな」

    会合の間中、人妻の精神を強く支配するフレーズを送信する。

    人妻は、トイレから教室に向かうまでの間、クリトリスの鋭い刺激感と、おまんこに入っているスキンの異様な感覚、そしてノーパンケツ丸出しのスカートの開いたチャックに、歩くのもやっとの事だろう。

    ましてや、乳首に鈴を結びつけているのだ。。。

    何を話合い、何を決めたのかなど、上の空だろう。

    表情では、清楚なつくろいをしつつ、およそ普通の主婦が考えも及ばない変態な行為に身を委ねているのだ。

    8半を回った頃、メールが入る。

    「今、休憩です」

    「一発入れてもらえそうか?」

    人妻の頂点に近い気持ちを弄ぶかの様な返信をする。

    「もう。。。我慢できない位に感じています」

    「後少しの辛抱だ、それまで、ちゃんとスケベな妄想を続けなさい」

    「はい、すごく、すごく感じています」

    「帰りがけにもう一度トイレに行って、ハンカチでおまんこを拭きなさい、そして陰毛を2〜3本抜いてハンカチに包んで、職員玄関に捨てて来なさい」

    「。。。はい。。。ご主人様」

    父兄会が終わった後のお楽しみを期待する人妻は、いやらしく下品な命令に従順になる。

    それから小1時間経った頃、携帯が鳴る。

    「終わりました。。。今、駐車場です。。。」

    「思ったより早かったな」

    「はい。。。まだ、お父さん方は残っていますが。。。お母さん方は先にお開きで。。。」

    「ちゃんと、ハンカチは捨ててきたのか?」

    「はい。。。あれを拾われるなんて。。。もう。。。恥ずかしくて。。。」

    「玉美は変態マゾだからな、嬉しいだろう」

    「いやぁん。。。スカートも。。。ある奥さんに注意されて。。。死にたい位に恥ずかしかったです。。。」

    「そうか、それは良かったな、とても嬉しくて感じました、だろ?玉美」

    「ぁぁぁんんん。。。は。。。い。。。すごく、見下された感じで。。。どうにかなってしまいそうで。。。」

    「ハンカチも、男の先生に拾ってもらえると良いな、きっと驚くだろうな」

    「いっぱい。。。いっぱい。。。付いてるのぉ。。。玉美の。。。おまんこのヨダレがぁ。。。あぁぁぁんんん」

    「そうだな、おまんこの毛もサービスしたんだから、きっと、先生は玉美のハンカチでセンズリするだろうな」

    「はぁぁぁんんんん。。。いやぁんんん。。。ぁぁぁ」

    「センズリして欲しいんだろう、玉美も」

    「あぁん。。。そ、そうなのぉ。。。先生の。。。オチンポ。。。玉美のハンカチで。。。しごいて欲しいのぉ。。。」

    「先生のチンポ汁で、ハンカチ汚して欲しいんだろう」

    「そう、そうぅ。。。玉美のハンカチに。。。いっぱい。。。出して欲しいのぉ。。。」

    「おまんこのスキンに指を入れて、中をかき回してご覧、玉美」

    「うっ。。。ぐぅ。。。いやぁぁぁんんん。。。こんな。。。ところでぇぇぇぇ。。。あぁぁんんん」

    「先生に、いっぱい汚して欲しいんだな、この変態女っ」

    「あぁぁぁ。。。あっあっっ。。。そうなのぉぉぉ。。。いっぱい。。。精子。。。出して。。。欲しいのぉぉぉぉぉぉぉあぁぁぁぁ」

    人気の無い夜の学校の駐車場。

    人妻は、自分のハンカチと自分自身を重ねたいやらしい妄想で我が身を犯す。

    [PR] 女性誌に広告掲載!【らぶこみゅ】

    父兄会が終わった後の学校の駐車場で、まだ残っている先生やお父さん方の教室の光を受けながら指淫する人妻。

    自分が捨ててきた、おまんこ汁と陰毛のついたハンカチで先生がセンズリする妄想に感じている。

    「あっあっあっ。。。あぁぁぁぁぁぁ。。。ダメぇぇぇぇ」

    押し殺した人妻の絞り出すアエギ声が車内に響く。

    「さぁ、これから、またお楽しみだよ、玉美」

    「えっ。。。はぁはぁはぁはぁ。。。もう。。。逝きそうぅぅ。。。はぁはぁはぁぁぁぁんんん」

    「折角、学校に来たのだから、今夜は外で逝きなさい」

    「ぁぁぁぁぁ。。。いやぁんんん。。。そんなぁぁぁぁ」

    「車から降りなさい、玉美」

    必死に押さえ込んだ吐息を整えながら、ガチャッと車のドアが開く音が聞こえる。

    「ぁぁぁぁ。。。出ましたぁ。。。ドキドキしますぅ。。。」

    更に、声を潜める人妻の声。

    「車の後ろに回って、スカートを腰までまくって、しゃがみなさい」

    「は。。。い。。。」

    ジャリッジャリッと、人妻の足音が乾いた夜の学校の空気に伝わる。

    「上着とブラをはだけて、胸を出すんだ」

    「こんな格好。。。恥ずかしいです。。。」

    小声の人妻。

    「そのままの格好で逝きなさい、玉美」

    「はうっ。。。ぁっぁぁぁ。。。んんんんんんん」

    声を押し殺しながらも、必死に感じている人妻の波動が伝わってくる。

    「この変態女、夜中にそんな格好しやがって、誰でも良いから犯して欲しいんだろ!淫乱マンコ!」

    人妻が暗闇に紛れてオナニーしている最中、蔑む言葉を伝え続ける。

    やがて、言葉にならない息を長く吐き出し、いやらしい果実の喜びを放出させる人妻。

    「ダメェ。。。もう。。。変になりそう。。。ぁぁぁぁ」

    「おまんこからスキンを少し引き出して、そのだらしない姿を撮りなさい」

    暗闇の中、乳首に鈴をぶら下げ、M字開脚で、ムッチリとした下半身を露出している人妻。

    一枚は潤んだ瞳でカメラを見上げる玉美の姿。

    もう一枚は下半身のアップ。

    その熟れたおまんこからは、ダラリとだらしなくスキンがしっぽの様に垂れ下がっている。

    「また。。。疼いて来るようで。。。自分が怖い。。。です。。。」

    背徳の行為は、何度でも人妻の淫性に火を付ける。

    「さぁ、早いとこ退散しないと、カメラのフラッシュに誰か気付いたかもしれないよ」

    あくまでも他人事の様に伝えて、人妻を焦らせる。

    「いやぁぁぁ。。。ま、また、後で。。。ご連絡しますぅ。。。」

    焦燥感も快感の一つとして感じているであろう、逃げる様に家路に向かう人妻。

    いつもより遅めのチャット。

    「今日は、ありがとうございました」

    「ちゃんと無事に帰宅できたみたいだね、安心したよ」

    「車の中でも、ずっとドキドキが続いていて。。。」

    「とてもいやらしい写メだったね」

    「はずかしい。。。でも興奮しました」

    「やっぱり、玉美は変態奥さんなんだな」

    「これから、どうなるんだろうって思う時があります」

    「どうもならないよ、玉美が望む様になるだけだ」

    「ずっと見守っていてくれますか?」

    「玉美がもっと虐めて欲しいのならば」

    「お願いします。。。ご主人様。。。」

    「ずっと、空から玉美の事を見ているからな」

    「はい。。。これからも。。。いっぱいお仕置きして下さい」

    恥ずかしさと背徳感に性的興奮を感じ、アソコを熱くする人妻の心の声だろう。


    [ ホームへ戻る ] [ 最新の調教レポートを見る ] [ このページのトップへ戻る ]

貴方も探してみませんか?


    PureBDSM 奴隷遊び
    Sの方:自分だけの奴隷で遊びたい願望はありませんか?Mの方:Sの異性から弄ばれたい願望はありませんか?
    初心からマニアまで完全対応
    最新SMコミュニティ登場! 
    【完全無料!】

こだわりの出会い


出会いの一歩


人妻をオトス必見ノウハウ


人妻熟女の性態



    ポルノワールドオリジナル!撮り下ろし作品!INITIAL-P

    他人に見られ興奮する熟女たち

あえるんです


人妻熟女と直接コミュ